玄米菜食に変えただけでは性格は変わらない?

ちょこです。お元気ですか?

私は30代になった頃、暴飲暴食のせいか、体調不良になり、食欲がなくなってしまいました。

で、何か良い方法はないものかと色々と調べていたら、

『マクロビオティック(玄米菜食)』をすると、身体が元気を取り戻す

という情報を知りました。

 

その頃は、ちまたに玄米菜食の本というのはあまりなく、

東京と大阪にマクロビオティック関係の料理教室がある事を知り、

1年半位かけて、初級から師範コースまで学びました。

今回はマクロビオティック食事法を実践した結果と、それにともなう身体の変化についてご紹介したいと思います。

 

そもそもマクロビオティックって何?

ジャンプする女性のシルエット

マクロビオティックとは、
「マクロ(macor)」が「大いなる」とか、「偉大な」といった意味があり、
「ビオ(bio)」はバイオ、つまり「生命の」とか「生き生きとした」で、
「ティック(tic)」は「方法」とか「術」という意味があります。
つまり、「偉大なる生命が生き生きと生きる術・方法」みたいな意味があります。

食べ物としては、玄米を主食とし、野菜や豆類をおかずとして頂く食事です。

日本では桜沢如一という方がこの考え方を広めました。

トムクルーズや、マドンナさんなども実践している人として有名です。

また、マクロビオティックには基本的な考え方として、「身土不ニ」(身体と土は切り離せないよ。だから、地元でとれた野菜などを食べましょう)や、「一物全体」(例えば大根などは、葉っぱは食べずに白い身の所だけを食べるというのではなく、葉っぱも身も全部食べましょう)があります。

また、マクロビオティックとは食事法だけにとどまらず、「陰と陽」といった宇宙の秩序にまで及ぶものまで包括した考え方を含むものとなっています。

私もマクロビオティックに関する本はかなり読みあさりました。

かなり奥が深いので、興味のある方は是非色々読んでみてください。

 

では、次に実践した結果、身体にどんな変化があったかをご紹介します。

 

実践して起こった身体の変化は?

で、その後、家でも玄米菜食に切り替え、実践し始めました。

何年か続けていると、確かに体調が良くなってきて、

例えば乗り物酔いしにくくなったり、生理痛が軽くなったり、

吹き出物が出にくくなったり、肌つやが良くなったりしてきました。

 

また、マクロビオティックの参考書を見ると、

「動物の肉など、陽性のものをやめると、性格も穏やかになる」

と書かれていましたが、それは自分には感じられませんでした。

 

元来怒りっぽい性格だったので、治るのかな?と期待していましたが、そんな気配は見えず・・・^^;

そして、本など、色々と情報を知って段々と分かって来た事がありました。

それは、

玄米菜食も大事ですが、それが100%ではないらしい。

という事です。

では何が大事かというと、

マインド(日頃の自分の気持ちの持ち方)が大事という事です。

 

病は気から

 

元気な子供たち

よく、「病は気から」と言いますよね?

例えば食事をとる時、どんなに身体に良いものを食べても、

「美味しくな~い」とか、食材に対して

文句を言いながら食べると、身体の栄養にはなりにくいようです。

小林正観さんの本によると、

食材からすると、「命取られて、文句まで言いながら食べてるヤツの

誰が栄養になってやるか!」と思ってるらしいです。

 

なので、感謝の気持ちを込めて味わって食べると、

「ああ、この人の栄養になろう☆彡」

と食材さん達が、思うそうですよ。

つまり、自分の周りで起こる事に対して、どんな風にとらえるかで、自分の心身の状態が決まるという事です。

これは、食事だけにとどまらず、自分の身の周りに起こる全てについて、楽観的にとらえるか、悲観的にとらえるかで、自分の気分を害する事もあれば、自分の外に起こる出来事には左右されず、自分を信頼できるかで、雲泥の差になってくるわけです。

また、日頃、自分の事をどう思っているかも非常に大事になってきます。
例えば「ああ、自分なんて何やってもダメだ~」と思えばそうなるし、「自分という存在は素晴らしい!」と、何の根拠がなくても思っていれば気分も良いし、そういう存在になるという事です。

 

例えば、私、実は今までに交通事故に4回位会っているんです^^;。

でも、自分は不幸だとは思っていなくて、

むしろ、4回も交通事故に会ってよく生きてるなーっラッキーって感じてます。

絶対神様や見えない存在が命を助けてくれたんだなと思っています。

 

まとめ

今回はマクロビオティックを実践して起きた身体の変化や、日頃自分という人間をどう思っているかで健康になったり病気になったりするという事についてお話ししました。

食事も大事だけど、それだけではなく、自分を日頃どう思っているか、どう自分を扱っているのかという事が大事だという事です。

もし、玄米菜食にはしてるけど、あんまり元気じゃないんだよねという方は、これからは何の根拠がなくても「自分は存在しているだけで素晴らしいんだ!」という事にし、自分を大事に扱ってあげてください。

そして、毎日少しずつでも、自分が安心する事、リラックスできる事を自分にしてあげて下さいね☆彡。

Pocket
LINEで送る