子供が不登校になった時の対処法

ちょこです。お元気ですか?

突然ですが、あなたのお子さんは、不登校になったりしていませんか?

私の子供も、しばしば学校行きたくない病になっていました( ;∀;)。

 

 

「学校行きたくない!」

理由は色々ですが、
「学校行っても面白くない」とか
「もっと遊びたいのにやりたくない事やらないといけないから嫌だ!」とか。

私にも2人の小学生の子供がいます。
上は5年生の兄、1年生の妹です。

で、不登校を発症するのは大体休み明けの月曜日( ;∀;)。

朝起きて来ずにベットの中でウダウダ・・・
「きょう学校行きたくない・・・」
「キタ――(゚∀゚)――!!」

不登校が始まった当初は、
私もパニックになってしまい、何とか力ずくでも学校に行かせていました。

しかし、それも、1~2年生くらいまでは通用しましたが、
特に兄の場合、大きくなってくると、力が強くなって逃げてしまうため、

出来なくなりました。

 

また、私の世代では、「学校いくのが当たり前」という感じでしたので、
「学校は行きたくなくても行くんだよ!」みたいな事を子供にも言っていました。

 

子供という存在は、いつも私のやりたい事の邪魔をする

当時の私は子供が不登校になると、このように思ってしまいました。

子供が学校へ行ったら出掛けたい所もあったのに、

出掛けられない!

子供が学校へ行ったらやりたい事があったのに、

やれない!

「いつも私のやりたい事を邪魔する!」

てな感じで、ものすごいストレスになっていました。

また、「世間からはどんな目で見られるか・・」
「子供が不登校だと知れたら、どんな出来ていない母親と思われてしまうか」

という不安もありました。

色んな気持ちで泣けてきた事も何度あったことか( ;∀;)。

 

やりたい事やっていいんだ

 

暗闇の中にいた私は、色んな人に相談しました。

自問自答もしました。

もし、私が神様だったら、こんな自分を見てどう思うか?・・・
つまり、嫌だと思い込んでる自分を客観的にみて、じゃあ、実は自分はどうしたいのか?

・・・

・・・

そっか。

私は自分のやりたい事がやりたいんだ。

今まで自分も小学生の時から、行きたくない学校へ、世の中の常識とやらに縛られて
親からも強制されて、行かされた。

その後も中学、高校、短大と、親や先生の進める道を歩いてきた・・・。

でも、全然楽しくなかった。
ホントは短大じゃなくて、自分のやりたい分野の専門学校に行ってみたかったけど、
「専門学校じゃ、学歴的に良くない」と親に言われ、行かせてもらえず。

振り返ってみたら、自分のやりたい事なんて、ほとんどやらせてもらえなかったんだなと。(/_;)

だから、大人になってからは、逆に「やりたい事をやろう!」とか言われても、
何がやりたい事なのかが分からなくなってしまった。

唯一、小学校の時に自分で選べたクラブ活動は楽しかったな・・・。

 

子供はただ休みたいだけ

子供からしたら、別に私のやりたい事を邪魔してる訳じゃなくて、
ただ学校を休みたいから休んでいるだけ。

それを勝手に私が「邪魔されてる!」と思い込んでただけなんだなと気づいた。

で、子供にも「お母さんのやりたい事やってくれていいよ」って言われた。

そっか、やっていいんだ☆彡(´ー`)。

こう思えるようになってからは、子供が不登校の時でも、

「分かった。でも、私は出掛けたいところがあるから、行ってくるね。
何かあったら連絡してね」
と言って、出掛けられるようになりました☆彡。

また、私が柔軟な態度をとれるようになったせいか、
がんじがらめの社会の常識にとらわれなくなったせいか、
子供は次第に、勝手に学校へ行くようになりました。(といっても、たまに休む時もありますけどね。)

また、世間の目に関しても、
「ま、嫌われる人には嫌われてもいいや。」
と思えたら、心も軽くなりました☆彡。

また、世間の常識に縛られ、自分だって学校へ行くのが嫌だったのに、
それを子供に強制してたんだなと改めて気づきました。
そして、そのとらわれた心を、子供が

「とらわれなくていいし、やりたい事やってくれていいよ」

って教えてくれました☆彡。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?
あなたも、自分を押し殺したりしていませんでしたか?

どんな状況であれ、自分を責めるのではなく、
自分を大切に、自分の気持ちを聞いてあげるのが大事という事なんですね☆彡。
自分がどうしたいのかをいつも聞いてあげてください(^_-)-☆。

Pocket
LINEで送る